認知症を食い止めるための方法と見極めの方法

低分子とは

低分子レシチンの効果

認知症に効果があると、今、注目なのは低分子レシチンサプリメントです。レシチンはリン脂質で細胞膜の主要な構成成分で、脳や神経組織などに多く含まれています。レシチンは通常の多くの食材に含まれる成分で、製品は大豆や卵黄から抽出されることからのため安全性は高く、価格も比較的安いことから広く使われていました。 最近、レシチンの吸収を良くし体の細部まで届けて効果を高くする目的で、従来のレシチンを酵素で加水分解し、脂肪酸を取り除き低分子化した低分子レシチンが販売されています。低分子化により脳幹に届くレシチンの量が医療用の10倍程度まで向上したという知見もあり、認知症の予防だけでなく、進行を抑えることに大きな効果があるサプリメントだということが明らかになってきました。

レシチンは今後も需要拡大が期待されます

レシチンは通常の食材である大豆や卵黄から抽出されますが、含まれる成分に若干違いがあるので効能を確認して使いましょう。認知症予防のサプリメントであれば、卵黄から抽出されたものが良いです。卵黄から抽出されたれたレシチンは、ビタミンAやビタミンE、リノール酸が多く、ホスファチジルコリンという神経機能や脳の機能を向上させる物質が多く含まれているため、主に脳の機能維持や改善に効果的があります。レシチンは脳内神経伝達物質アセチルコリンの量を増やす効果があり、情報伝達が上手くいかなくなる認知症に効果があるといわれています。低分子レシチンは、特に脳に届きやすくなります。 今後、認知症は増加して社会問題になっています。まだ、有効な治療法もなく社会の高齢化も今後一層進んでいきます。このような情勢ですので、認知症対策に効果があるサプリメントとして需要が増えると予想されています。